コミュニケーションの本質とは

「コミュニケーション」とは

相手と自分の、感情,考え、を表現し、理解し合うキャッチボールです。

まあ、これは、私の中の定義です。

大まかではありますが、外れてはいないはずです。

無人島にでもいない限り、社会生活において、

コミュニケーションというものは、切っても切れないものだと言えますね。

でも、そこに苦手感覚を覚える人が非常に多い、

全ての悩みは対人関係である

アドラー心理学では、そんな風に言っているみたいですね。

その概要についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

コミュニケーションとは

では、第一段階のコミュニケーションについて。

ここで、まず「印象」というものについて話さなければなりません。

言葉を交わす前の状態の第一印象について。

他でも述べていますが、「メラビアンの法則」というものがあります。

コミュニケーションは、言葉だけでやり取りをしているわけではない、という検証です。

視覚情報(55%) 聴覚情報(38%) 言語情報(7%)

最近は、この法則を、その人の外見の印象度に利用することも多いですが、

心理学の基本として、人の矛盾したメッセージに対して、他者がどのような受け止め方をして、

どのような影響を受けるか?というものです。

わかりやすく言うと、パッと視覚で捉えたものが一番印象に残るということです。

例えば、ものすごく暗い顔で(視覚)、悲しそうな声で(聴覚)、「私は幸せです」(言語)

と言われた場合、この矛盾したメッセージから受け取るものとしては

視覚情報である「暗い顔」が一番に、そして聴覚情報である「悲しそうな声」が次に。

言語情報である「私は幸せです」は、最後の7%である、ということです。

もし、実際に、このような伝え方をするような人がいたら、どんな感覚になるでしょう?

私だったら、その暗い顔の印象が深く、「私は幸せです」という言葉が妙な違和感になり、

この人は無理をして、幸せという言葉を口に出しているのだろう。

と思ってしまうかもしれません。

相手が、本気で心から幸せだったとしたら、これは明らかにコミュニケーションが取れていない状態です。

このようにコミュニケーションは、ただ言語化さえすれば伝わるということではありません。

 

 

 

コミュニケーション能力とスキル

コミュニケーション能力とは、意思や心理などを上手く伝達し合う能力のことです。

そして、その方法を訓練して向上させて行くのがスキルです。

できれば、そのスキルが高いほうが良いのですが、

そんなに簡単なものではないのが実情でしょう。

たとえば、少し前に KY  という言葉がはやりました。

空気が読める、読めない、ということですが、

その場の空気感を、感覚で感じ取り状況を察知して、瞬時に判断のもと言動に活かしていくのは

素晴らしいコミュニケーション能力です。

空気感を読み取るのに必要なのは、言語化されていない(ノンバーバル)を感じ取ることなのかもかもしれません。

 

 

バーバルコミュニケーション

まず、バーバルコミュニケーションとは、言語を使ったコミュニケーションです。

対面の会話だけでなく、メールや手紙、広告に至るまで、言葉を使って伝えていくものです。

言葉で伝える、一瞬単純そうですね。

しかしながら、前述のように、言語情報は、7%の影響値しかありません。

これを考えると、言語化が、いかに難しく伝わりにくいかがわかります。

長々と話した末に、「で、結局何が言いたかったの?」ということにもなりかねません。

言語を使うからこその伝え方、というところがポイントになってきます。

言葉のニュアンス、適切な選び方、また、話自体の組み立てもあるでしょう。

ビジネスシーンでもない日常会話であれば、ニュアンスだけでも考えていくと

だいぶ変わってくるでしょう。

 

 

 

ノンバーバルコミュニケーション

言語コミュニケーションに対して、ノンバーバルは非言語コミュニケーション ということになります。

外観、服装、表情、動作などがそれにあたります。

93%の部分にあたるところです。

なので、この重要度は言うまでもありません。

感情、心理が自然に出てしまう部分なので、何かを抑えていても、

コミュニケーション能力に長けた人には伝わってしまう、そんな感じかもしれません。

一生懸命聞いているふりをしていても、実は顔つきが眠そうだったり、

笑顔を作っていても、表面的でノリが悪かったり。

ノンバーバルの中でも、本音と建て前、が見え隠れすると気があります。

それって、自分と一緒にいることが楽しくないんじゃないか?

と自分のコミュニケーション能力の低さを感じ、自己嫌悪になってしまいそうですよね。

でもそれは、根本的な、会話のキャッチボールができていないことから起こっているのです。

 

 

聴く力と伝える力

バーバル、ノンバーバルとも、聴く力と伝える力はとても大切になってきます。

コミュニケーションは、キャッチボール。

その本質的な部分です。

コミュニケーションというと、上手に伝えることばかり考えてしまいそうですが、

実は、聴く力は、伝える力の根幹となるもの。

どれだけ相手の話を聴けたか?でこちらの伝え方、言葉のチョイスも変わってきます。

私は、バーバル、ノンバーバル、という言葉を知らなかった頃、

「察知能力」と言っていました。

目の前の相手のすべてを察知することです。

そして、そのイメージを膨らませていきます。

どんな性質を持っていて、どんな心理、どんな感情を、今持っているか。

相手に対して、きちんと意識を向けていれば、鋭い人も、疎い人も、それなりに感じることはあるはずです。

わからない、と思ってしまうのは意識していないから。

結局のところ、コミュニケーションとは、人間愛と興味なのかもしれませんね。

 

一生を守ってくれるDNAカラー診断など、様々な色について知りたい方、友達登録をして是非メッセージをくださいね。


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。