人生に活かす色の力!3つ(トライアングル)の法則

生まれ持った能力を最大限に活かしきる方法

これを色の力で全て網羅する、その原理と方法についてお話していきたいと思います。

色を取り入れるだけのことなので、誰でもできる、

書籍を読んでインプットしたり、訓練などしなくても、

ちゃんと色が自然に脳波に反応してドンドン整えてくれます。

自分の人生、もう少しどうにかしたい!

と思う人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

欲する色

最初の法則、これは、欲する色、好きな色。

これは無条件に惹かれてしまう色です。

その色を好む時点で、顕在意識として働いています。

この色が好き、気になる、欲しくなる、

という引き合いが出ています。

色は、波長、周波数を持つ電磁波の可視光線の一部。

人間の脳波と大きく関係してきます。

現時点の深層心理に訴えかける色です。

その時の状況、環境における感情の動きに、敏感に反応してくるものなので、

取り入れることで、感情が安定したり、落ち着いたり、元気になったりします。

ある意味、その時々の滋養強壮剤のようなものです。

ブレてしまった自分に必要なものを強化して取り入れていけばいい、

そして次に進むために整える、という役割です。

 

似合う色


2つ目。その人だけに似合うカラー

これは、パーソナルカラーというジャンルに匹敵します。

スプリング、サマー、オータム、ウインター、という4シーズンで分けられるものです。

肌色、髪色、目の色など、顔立ちなども考慮に入れて、

そのパーソナルに似合う色を見ていくものです。

これは、印象度に大きく関わってきます。

男女ともに、若々しく、明るく、魅力的に見せてくれるものです。

これは、実は、内面と連動しているものなので、

意識の低いネガティブな人が、カラーやスタイリングだけ取り入れても

違和感になってしまう。

俗な言葉で言えば、着こなせていない。

装うものと、自分自身がかけ離れているとついていけない、

段階が必要になってきます。

けれど、身近な人に褒めてもらえたり、反応が良かったりすると

自己受容感、肯定感が高まり、次第に自分のものとして着こなせるようになります。

そうなってくると、顔つき、物腰、言動が、魅力あるものとなり、

自分自身で自分を活かしていけるようになってきます。

自分を魅せていく色です。

 

人生に必要な色

3つ目。こちらが最大に重要である、その人の人生に必要な色です。

「必要な色」DNAのカラー

これは、占いのようなものとは全く違います。

もちろんパーソナルデータが必要な統計学の部分も含まれます。

その人が生まれた日、その人が生まれた場所、両親が生まれた場所、

色を映し出す根幹となる、太陽エネルギーは、果たしてどうなっていたか?

太陽フレア、位置情報などを含め、どのような波動だったのでしょうか。

更に特筆すべきは、DNAレベルの科学的診断をするということです。

その人の毛髪を採取して診断機器を通して数値化し、マッチングするカラーを出すものです。

60兆個あると言われる人の細胞ですが、その個々のDNAにどの色がどのように働きかけるか、

ただの波長測定ではなく、70か所にも及ぶ、身体のポイントと脳波の反応値をみて

診断するものです。

まさには科学

この色がわかると、俄然、色々なことが加速してきます。

その色の波動は、その人を最高に輝かしてくれるものです。

自分自身がこの世に生まれてきたその意味、使命、能力にフォ―カスできるようになります。

大げさなことを言うようですが、

人は、後天的なことで、どんどん流されて行ってしまう。

選ばれて生まれてきた、その時の太陽エネルギーには重大な意味があるのは確かです。

そこにチューニングすることで、次第にブレが少なくなっていきます。

そのカラーを使っているだけで、その発信力は素晴らしいものになります。

従って色々なものを受け取りやすくなります。

自分が、唯一無二の存在だということに気づけば、

誰と比べることもなく、違う見解の意見も、何のこともなく受け入れられる。

ありのままのエネルギーが発信されるので、自ずといい波動の人と繋がっていけることになります。

これは事実。

DNAカラー科学的根拠はコチラ

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡

https://eririn-color.com/birthcolor2/

3つの法則を使いこなす

この、3つの色の法則を使いこなすことが、人生を輝かせる最大のパワーです。

まさにトライアングルのパーフェクト理論です。

軸として、一番大切なのは、「必要な色」DNAのカラー

個々の本質の中に潜在的に持っている色です。軸となる色です。

いわば、幸運を呼ぶ体質的なものの基盤となるもの。

ジャンルによって最大9色出てきますので、

日常の小物や、洋服、下着などに取り入れるといいでしょう。

そして、「好きな色」

これは、どうしても気になる色が出てきたときには、使いましょう。

欲している時は、その色を使うことでテンションが上がったりもします。

必要な色を知ると、その色が気になりだし、自然に惹かれることも多くなりますが、

時に、自分が、好き!!と思っている色が欲しくなる時もあるでしょう。

そこには、感情の心理欲求が働いています。

そんな時は遠慮なく入れるべき。欲求が満たされれば、落ち着いて次にいけます。

3つ目の「似合う色」は」その人を魅せる印象度。

優先順位としては、」顔周りに使うといいでしょう。

「必要な色」の中の相性のいい色と合わせる、

女性なら、スカーフなどネック周りに、男性はネクタイなど。

最近は、巻物をする男性も多いですが。

使い方のコツをつかめば、トライアングルカラーの法則で

生まれながらの本当の自分を最大限に活かすことができます。

人生を輝かせるトライアングルカラーの法則、

一人でも多くの方に知って欲しいと思っています。

DNAカラー カラーパスポートについてはコチラ

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡

https://eririn-color.com/dna-color/

商品についてのご質問、お問い合わせこちらからどうぞ


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。