色でピッタリ!!性格診断「赤色気質」

色は個性

色には性質があるのです。

人には、好きな色、志向によってその色の個性が映し出されます。

いつも選びがちな色、好きな色にはちゃんと意味があります!!

まさに色の性格診断

れっきとした色彩心理学データからの導き出したものです。

赤色にはどのような心理が働いているのでしょうか。

 

誰とでも話ができる社交性

赤色気質の人は、見た目にも非常にわかりやすいです。

俗にいう目立ちたがり屋です。

グループやコミュニティの中にいても、大きな声で誰とでも話す。

一方的に、「あー、あの人ね!」と知られていることも多いです。

そして、それが嬉しいタイプです。

社交的なので、どんなシチュエーションでも、どんな人を相手にしても、

積極的にアプローチしていけます。

その常に積極的で相手を選ばない態度には、

羨ましがられる反面、反感を買うこともありそうです。

その相手となる人の性質によっても、受け入れられ方が違いそうですが、

物おじしないその性質に賛否両論に分かれそうなタイプです。

 

エネルギーに満ちていて意欲的

とにかくエネルギッシュな行動の持ち主です。

熱い思いとみなぎるやる気で、即行動に移します。

細かいことは気にせず猪突猛進です。

赤色気質からみたら、やる気がない人は信じられません。

自分の思いと判断だけで突っ走るので、時に周りから呆れられたり、

空回りしてしまうこともあるでしょう。

それでも懲りないのがこのタイプ。

決断力のあるリーダー気質

とにかくはっきりしてい自信がある人です。

即断即決力があるので、職場やグループやコミュニティなどでも

先頭を切ってまとめていくチカラがあります。

ただ、自分が考えていることがドンドン形になっていかないと気がすみません。

人に任せていて実現しないと、無能に見えてきてしまい、

結局自分ですべてやってしまうことも。

リーダーシップをとれて頼りにされることも多いですが、

時に、独壇場になりやすく、こじれてしまうと孤立してしまう可能性もあるので、

脇にサポート役をおく必要がありそうです。

 

義理人情の熱血漢

たまに、人のためにケンカしちゃう人、いますよね。

正義感や、自分の大切な人を守ろうとする一心で。

熱い想いで、とにかく、後先のこと考えずに行動しちゃう人。

子供で言うと、お口より手が先に出ちゃうタイプ??

結局、先に手をだして、すごく怒られちゃうんだけど、

実は、仲良しのことをかばってのことだったり、

叩かれた相手のほうが悪いことをしている場合もある。

気持ちが真っすぐなんですね。

さすがに大人になって、すぐ怒って暴力をふるう人は少ないと思いますが、

行動パターンとしては同じです。

厚情があり、人の情けで動くことも多いので、

その恩恵を受けた人からは、有難がられ、とても頼りにされ慕われます。

それが、また。赤色気質の、承認欲求を満たすこととなります。

ただこれも、暴走してあまりにも独りよがりになりすぎると、

相手との関係がこじれてきてしまいます。

結果、ふてくされてしまうと、修復不可能になることも??

赤色気質 上手な付き合い方

では、そんな赤色気質の人と、どのように付き合っていけばいいのでしょうか。

自己顕示欲が強く、認めてもらいたい気持ちが強いので、

とにかく、その行動力や成果をしっかりと讃えてあげること。

熱い気持ちから、言いたいことも沢山あるタイプ。

外向エネルギーが高いので、しまっておけません。

聞き手に徹してしっかりと聞いてあげましょう。

分かってくれてる!!と思うと内面から心を許してくれます。

そして、問題にぶち当たった時も、小細工をしたり、根回しをすることは

あまりオススメできません。

充分受け入れ、認めたうえで、ストレートに伝えましょう。

頭がカッカとしているときは、人に対して攻撃的になってしまったり、

批判的になってしまったりもしますが、

意見を挟まずなるべく冷静に聴いてあげましょう。

要は、頭を冷やしてあげればいいので、

加勢をしたり、感情を高ぶらせることはせず、聴くのみです。

それがお互いの信頼を深めることになってきます。

商品についてのご質問、お問い合わせこちらからどうぞ


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。