たまぶちっこ

花と色の「ちから」であなたを10倍魅力的にします

カラーセラピー

紫色の服の印象5つの心理

更新日:

 

紫の服を選ぶ時

紫という色について、どんな印象を受けますか。

一般的には、高貴な色とか、妖艶な色、といったところでしょうか。

今日、話していた女性は、ダンスの先生ですが「好きな色は?」の問いに「紫」と答えていました。

理由は、赤と青は極端すぎる、相まった色がいいと。

彼女は、紫のイメージがとてもマッチしている感じでした。

妖艶さ、華やかさ、そしてひたむきな思い。

赤と青の情動を含む紫。

両極にある色を混ぜる・・・とはどのような心理なのでしょうか。

周りに紫好きの人はいますか??

ちょっとその心理を覗いてみましょう。

1 内向エネルギー最高

色の話をするとき、まずは波長のエネルギーのことに触れますが、難しいことはさておき、

紫は、内向エネルギーがMAXの色です。

外向エネルギーがMAXである赤色と対極にあります。

これはどういうことかというと、自分の中に向かって、熟考する力が満ちているということ。

人に向かって、ガンガン表していくものではないですが、自分というものをしっかり持っていて、

ぶれない強さがあります。

他者には伝わりにくいので、人が集まるような場所では、外向的、社交的には見えません。

決して、周りをシャットダウンしているわけではないのですが、女性ならば高嶺の花、男性ならば芸術家肌、

のような独特な雰囲気を醸し出します。

 

2 独自性の奥に潜む心理

自分自身をしっかりと持っている。

これは、独自性を表します。

独自性ってどういうこと?

ハッキリ言って、人のことは気にならない。

全て、自分のものさしで判断できるときです。

たとえ変わり者だと思われたとしても、その独自の感性を貫き通します。

人が何と言おうと、自分にとって耽美的であれば最高なのです。

その自分自身に、絶対的な自信があります。

自分の価値観にこだわりがありますから、大満足しています。

ナルシストですね。

だからこそ、内向にエネルギーが向いているのです。

男性も女性も、ちょっと人と違う、自信家でナルシスト。

 

3 精神性を追及するタイプ

紫を好む人は、感性が鋭いという傾向にあります。

研ぎ澄まされることにより、スピリチャルという言葉になっていくのですが、

そこまでいかなくとも、感覚的なものに惹かれます。

直観的に物事を捉えたり、神秘的なものに惹かれます。

現実的というよりは、その精神世界を大切にする傾向があります。

芸術家的な感覚、想像と創造の世界観を愉しみます。

特に、女性はミステリアスな印象を醸し出すことも。

 

4 心身の癒し

心身といえど、紫の場合は、心、精神の癒しに大きく関わってきます。

元々、精神性のある色で、心と身体のバランスを整える効果があり、気分を落ち着かせたりする安眠効果もあります。

更には、外的作用から、紫色を欲することも珍しくありません。

何か少し傷ついたりしたことがあった時、急に臆病になって一人でいたくなる。

そのような時も、紫に惹かれることがあります。

人とあまり触れることなく、自分だけの世界に浸ることにより癒されていきます。

ただ、ここで冒頭の、赤と青の部分。

ある意味、ぶつかり合うエネルギーを持ち合わせているわけですから、

あまりに熟考しすぎて、疲れてくることがあります。

そのような時は、少し違う色に惹かれていくのかもしれませんね。

5 紫が好きな人とのつきあいかた

ここまで読んでいただくと、だいたい紫を欲する人の特性がわかってきたと思います。

社交的ではありませんが、人と関わることに何の問題も感じていません。

独自性を認めてあげればいいのです。

独特の感性、嗜好品、については尊重し、特別感を。

感覚的な人なので、理詰めでものをいうのは止めましょう。

理屈を聴くのは結構つらいこととなります。

グイグイと立ち入ることなく、いい感じの距離感で理解を深めると、信頼関係を築くことができます。

ちょっと憧れの存在でもある、紫色の印象、そして心理。いかがでしたか。。。。

えりりん
人生の流れを劇的に変える、DNAカラー診断について知りたい方はこちらから。
友達登録をして、メッセージくださいね。

-カラーセラピー

Copyright© たまぶちっこ , 2019 All Rights Reserved.